注文住宅で快適な間取りにする方法とは?土岐市のアンドウ設計事務所がご紹介!

お問い合わせはこちら

ブログ

注文住宅で快適な間取りにする方法とは?土岐市のアンドウ設計事務所がご紹介!

2020/09/20

注文住宅で快適な間取りにする方法とは?土岐市のアンドウ設計事務所がご紹介!

退職をしたり子供が独立したりして生活スタイルが変わり、注文住宅への引っ越しを検討する方が多いです。
せっかく新しいお家を建てるのなら、快適に過ごせるものにしたいですよね。
そこで重要になるのが、生活スタイルのデザインとも言える「間取り」です。
今回は、注文住宅で快適に過ごすための間取りをご紹介します。

 

□快適に過ごすための間取りとは

1つ目に、収納スペースはよく考えて作ることがポイントです。
収納スペースと置きたいモノの大きさが合わない、面積を考えておらずモノの出し入れがしづらい、という失敗例をよく聞きます。
収納スペースを考える際は、床面積だけではなく、出し入れする面(壁面積)も考慮してみてください。
また、収納スペースや棚の高さや幅、奥行きは収納したいモノを想定しておくと失敗が少ないでしょう。

2つ目に、部屋のスペース配分も気を付けたいポイントです。
リビングを広くしたら他の部屋が狭くなってしまった、家具などを置いたら思ったよりスペースが少なくなった、などがよくある失敗例です。
スペースは配置する予定の家具を書き込みながら考えること、家具を置くスペースだけでなく人が通る幅も確保することなどに注意してみてください。
また、老後に車イスに乗る可能性も考慮すると、車イスが通れる幅を確保しておいたり、バリアフリーを意識しておいたりすれば安心です。

 

□光や風をうまく取り入れる間取り

日光を取り入れることで、部屋を明るくして気持ちのいい空間をデザインできます。
そのためには、住宅のどこが日当たりの良い場所か、逆にどこが日当たりの良くない場所かを把握しておくことが大切です。
一般的には日当たりの良い南東にリビングを配置して、北西や日当たりのあまり良くない場所に水回りを配置します。
しかし、日あたりは土地によって条件が変わる可能性があるでしょう。

あらかじめしっかり確認しておくことが大切です。

また、風をうまく取り入れることで湿気や空気の停滞を防げます。
そのためには、2つの窓をできるだけ直線に近い線で結べる位置に取り付けること、冷たい風が欲しい場合は低い位置に窓を付けること、熱気を逃がしたい場合には高い位置に窓を取り付けること、を意識してみることがおすすめです。

 

□まとめ

今回は、快適に過ごすための注文住宅の間取りについてご紹介しました。
注文住宅を検討中の方は、ぜひお家づくりの参考にしてみてください。
当社は土岐市にてお家づくりのデザインのご相談を受け付けております。
ご相談に料金はいただきませんので、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。