注文住宅を手掛ける設計事務所が解説!リフォームの際の会社選びをご紹介します

お問い合わせはこちら

ブログ

注文住宅を手掛ける設計事務所が解説!リフォームの際の会社選びをご紹介します

2021/04/27

注文住宅を手掛ける設計事務所が解説!リフォームの際の会社選びをご紹介します

家をリフォームするには、会社選びが大切です。
リフォーム会社を見分けるには、外から見てわかることも多いものです。
注文住宅を手掛ける設計事務所が、正しいリフォーム会社の選び方を伝授します。

 

□外から見てわかる!リフォーム会社選びチェックリスト

リフォーム会社選びは、リフォーム中の現場を見て、以下の点に注目しましょう。

・リフォーム会社の車は近隣に配慮して駐車している?

車が近隣の迷惑にならないように駐車していれば、配慮の行き届いた会社と見ることができます。
そのような会社なら、リフォームを依頼しても、こちらに配慮したリフォームをやってくれそうです。

・廃材や工事用機械が放置されていない?

廃材や工事用機械が、どのように置かれているかを見れば、その会社のマナーがわかります。
マナーの悪い会社に依頼すると、リフォーム中に近隣に迷惑をかけるおそれがあるので避けましょう。

・工事の終わりに散らかった破片や釘を掃除している?

リフォーム中は、資材の破片や釘などが散乱しがちです。
毎日の工事の終わりに、きちんとこれらを片付けるような会社なら安心して依頼できます。

・長期間ダンボールや材料が積み上がっていない?

リフォームは家が建った状態で改築するので、工事用の資材などを置く場所が限られています。
そのため、効率よく必要なものを必要な時期に持ち込むことが大切なのですが、段ボールや資材が積み上がっているということは、無計画に物を持ち込んでいることになります。
つまり、仕事の段取りが悪いということなので、このような会社にリフォームを依頼しても、工期が長くなってしまう恐れがあります。

 

□大手リフォーム会社と地域型リフォーム会社の違い

では、大手リフォーム会社と、地域型リフォーム会社にはどのような違いがあるのでしょうか。

大手リフォーム会社は、実績もあり会社も大きいので安心感があります。
工事に入るスタッフや必要な設備も十分に揃っているでしょう。
また、大手であればリフォーム後のアフターフォローなども、しっかりやってくれそうです。
しかし、大手の場合はリフォーム費用が割高になることが多いようです。
さらに、大手は施工を下請け会社に委託することが多いので、他社との打ち合わせが入るため、工事期間が長くなる傾向があります。

これに対して、地域型リフォーム会社は、費用が安くリフォームの詳細部分まで柔軟に対応してくれます。
地域密着型なので、安心して依頼できるのも大きなメリットでしょう。
ただし、地域型リフォーム会社は規模が小さいので、アフターフォローが十分でない場合があります。
どのような内容が契約に含まれているのか、事前に確認した上で依頼するいいでしょう。

 

□まとめ

失敗なくリフォームするためには、リフォーム会社選びが重要です。
良いリフォーム会社かどうか見分けるには、リフォーム中の現場を見ればわかります。
大手会社も地域密着型の会社も、それぞれメリットデメリットがあるため、自分の住宅のケースに合った会社選びを行うようにしましょう。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。