注文住宅かリフォームで迷っている方へ!どっちが良いかわかりやすく解説します!

お問い合わせはこちら

ブログ

注文住宅かリフォームで迷っている方へ!どっちが良いかわかりやすく解説します!

2021/05/11

注文住宅かリフォームで迷っている方へ!どっちが良いかわかりやすく解説します!

注文住宅を建てるのは、多くの方にとって憧れなのではないでしょうか。
しかし、注文住宅は自由に間取りやデザインを決められる分お金がかかります。
金銭的には、注文住宅よりも古い家をリフォームするほうが安上がりなことが多いですが、注文住宅とリフォームではどっちがお得なのでしょうか。
注文住宅とリフォームのメリット・デメリットと、リノベーションについても見てみましょう。

 

□注文住宅とリフォームのメリット・デメリット

注文住宅とリフォームには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

 

*注文住宅のメリット

まったく何もないところから家づくりをするので、最新の設備を入れることができます。
エコや耐震、防音、バリアフリーなど、最近の家づくりの技術はかなりの進歩を遂げています。
注文住宅なら、それらの最先端の設備を導入できるのです。
また、注文住宅なら間取りから設備、建築資材まで、すべて自由に選べます。

 

*注文住宅のデメリット

注文住宅は費用がかかります。
また、1からすべてを作るため、完成までに1年近くかかることもあります。
さらに、自分ですべて自由にできるということは、間取りから設備、資材選びまで、何もかも自分で決めなくてはならないということです。
これから住む家のことを決めるのですから、それは楽しい作業でもあるでしょう。
しかし、家一軒分のあらゆる部分について決めるということは、家の建築についてかなり詳しくないと、建てたあとで後悔するような結果になる恐れもあります。

 

*リフォームのメリット

リフォームなら、子供の頃から住んでいた思い出の家を残すことができます。
今住んでいる家が気に入っているなら、そのまま住み続けたいという人も多いでしょう。
リフォームならそれができるのです。
古い家をリフォームすれば、費用もあまりかからず新築同様にすることができます。

 

*リフォームのデメリット

リフォームでは、間取りを変えることは難しいです。
つまり、家のデザインの変更には限界があるということです。
また、最新の耐震構造や省エネ構造にするのも困難な場合があります。

 

□注文住宅かリフォーム・リノベーションか?

注文住宅が向いているのは、お金に余裕があってじっくり家づくりに時間をかけられる場合です。
また、最新の設備や耐震構造を導入したい場合も、注文住宅が向いているでしょう。

一方リフォーム・リノベーションは、費用を安く上げたい場合や、思い入れのある家に住み続けたい場合に向いています。
注文住宅を建てるには、土地探しから始めることになるので、そのような手間をかけたくない人や、時間がない人もリフォーム・リノベーションが向いています。

 

□まとめ

家を建てるには注文住宅のほかに、今ある家をリフォームする方法もあります。
どちらが向いているかは、費用や家を建てるのにかかる日数、どんな設備を導入したいかなどによって変わります。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。