注文住宅で土間収納を導入して玄関をすっきりさせませんか?

お問い合わせはこちら

ブログ

注文住宅で土間収納を導入して玄関をすっきりさせませんか?

2021/07/11

注文住宅で土間収納を導入して玄関をすっきりさせませんか?

注文住宅の玄関に土間収納を導入すると、玄関まわりがスッキリします。
ところで、土間収納とはどのようなものでしょうか。
ここでは、土間収納についてメリットもあわせて見ていきましょう。

 

□土間収納とは

土間収納とは、玄関で靴を履いたまま、物を出し入れできる収納スペースのことです。
かつて、日本の民家には必ずといっていいほど土間がありました。
土間では、かまどに火を焼べて、ご飯を炊いたり料理を作ったりしていたのです。

電気もガスもない時代ですから、薪を火力にしなければならない時代でした。
四季がある日本で1年中火を使うには、外と屋内の中間のような土間スペースが最適だったのでしょう。
その後、文明の近代化が進んで料理は台所で作るようになり、玄関はただ靴を脱いだり履いたりするだけの場所になりました。

こうして、日本の民家から一度は消えた土間ですが、近年になってその便利さが見直され、収納スペースとして注目を集めるようになっています。
土間収納には、汚れているため家の中に持ち込みたくないものや、外で使うものを収納すると便利です。
例えば、子供がいる家庭ならベビーカーや三輪車、野球道具やサッカーボール、砂遊びの道具などを置いておくといいでしょう。
また、アウトドア用品や、ガーデニング用品などの置き場としても活用できます。

 

□土間収納のメリット

次に、土間収納のメリットを見てみましょう。

 

*すっきりとした玄関にしやすい

土間収納があると、靴の収納スペースも広く確保でき、出しっ放しの靴がなくなり玄関がすっきりします。
また、傘やレインコート、シューズケア用品など、玄関で使う靴以外のものもスッキリ収納できます。
生活感を減らしたデザイン性の高い空間を演出できますよ。

 

*防犯性を高める

土間収納があれば、自転車やバイクなどを格納することも可能です。
自転車やバイクを外に置いておくと、盗難の被害に遭うおそれがありますが、土間収納に入れておけば安心です。
また、自転車やバイクが雨風にさらされることもないので、サビの発生や劣化を防ぐこともできます。

 

*外で使うものをまとめられる

最近では、庭に物置のない家が増えています。
物置のかわりに土間収納を広く取れば、外で使うものをまとめて保管できるので便利です。
休日にのみ公園で使う子供の遊び道具や、たまにしか使わないキャンプ用品や釣り道具など、室内には持ち込みたくないものの一時保管する場所として活用できます。

 

□まとめ

日本の昔の家屋には必ず土間がありましたが、近代化が進むにつれ姿を消していきました。
しかし、近年その便利さから土間収納が注目を集めるようになっています。
土間収納があれば、家の中に持ち込みたくないものでも、防犯性を確保した状態で収納できいます。
土間収納を取り入れた玄関づくりに興味がある方は、ぜひ当社までご相談ください。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。